目 クマ 種類

目のクマの種類は?原因は別々にあります。予防法は?

目の下にできるクマは寝不足でできるというイメージが強いですが、実はクマの原因はそれだけではありません。
原因によってクマにはいくつか種類があります。そこで、クマの種類と原因について紹介します。
まず、一般的なクマのイメージである寝不足でできるクマですが、これは血行不良が原因で毛細血管が浮き出て青くなるクマです。
寝不足のほかに、ストレスや、長時間のパソコン操作など過度な目への負担によっても血行不良が起こり、クマの原因になります。

 

次に、目の下が黒くなるクマです。
これは、目の下に影ができることでクマになるのが原因です。
目のまわりは皮膚が薄いので垂れやすく、生まれつきの遺伝や、あるいは加齢によって皮膚が垂れて影ができると黒くクマになります。

 

目の下が茶色になってできるクマもあります。これは、目のまわりの皮膚が色素沈着を起こしてできるクマです。
化粧の落とし残りの蓄積や紫外線による日焼けなどで目のまわりが色素沈着によって茶色になりクマになります。

 

このクマは目の下だけでなく、まぶたにもできることがあります。

 

目のクマの予防方法

クマができる原因について紹介しましたので、次に、クマの予防方法を紹介します。

 

血行不良によってできる青くなるクマを予防するためには、血液の循環をよくするため、新陳代謝をあげることが大切です。

 

日頃から運動をこころがけ、食事はエネルギー源となるたんぱく質をきちんととるようにしましょう。
黒い影によるクマは、皮膚のたるみを防止するため、表情筋を鍛えることで、クマ防止になります。

 

目をぎゅっと閉じて思い切り開く動作を数回繰り返して目の回りの筋肉を鍛えましょう。
また、頬の筋肉も鍛えると、目の下の皮膚が支えられるのでクマ防止になります。
箸を横にくわえ口角をあげてキープするトレーニングが有効です。

 

 

目のまわりの色素沈着を防ぐには、日焼け止めなどでしっかり紫外線を遮ること、化粧の落とし残しのないようきちんと洗い流すことが大切です。
色素沈着は老廃物や古い角質がたまることも原因になるので、しっかり目のまわりを保湿することで、肌の再生をうながし、色素沈着を防ぎましょう。

 

クマを予防して若々しい顔をキープ

人と話すときは目をみて話をするので、目元が相手に与える印象は、その人自身の印象に大きく作用します。

 

クマができると、それだけで更けた顔という印象を与えてしまいます。
特に女性は、いくつになっても若々しい顔でいたいと思うので、気になるポイントですよね。

 

 

クマは寝不足や疲労だけでなく、いろいろな生活習慣が原因でできることがわかりました。

 

規則正しい生活を心がけ、基本的なスキンケアをしっかりおこなうことで、クマは十分予防できます。

 

クマのない顔を目指すため、保湿をしたり、表情筋を鍛えたりすることは、目元だけでなく、顔全体を意識してケアすることにつながるので、肌の調子が整ったり、クマだけでなくほうれい線などシワの予防にもつながります!

 

化粧でクマを隠すことばかり考えず、ぜひクマができないように心がけてみて下さい。
できてしまったクマも、これらの方法で解消することもできます。
クマのない、素敵な笑顔でいつまでも若々しさをキープしましょう!

 

 

>>>クマの改善のアイキララを通販で購入する時に絶対に知っておくべき真実とは?

関連ページ

目の下のクマにアイマスクは効果的?
目の下のクマにアイマスクは効果的なのでしょうか?目の下のクマに効くアイマスクの使い方を解説します
目元の皮膚の厚さはどれくらいなの?
目元の皮膚の厚さはどれくらいなのでしょうか?薄い?厚い?または何が効果的に効くの?そんな疑問を解決しましょう
目のくまは寝過ぎでも出来る?
目のくまは寝不足でできるのはご存知でしょうか?でも実は目のくまは寝過ぎでも出来るって知っていましたか?その解消法があるのです