アイキララ 効果なし

アイキララ、効果なしって本当?

目元のクマ悩みを根本から解消してくれる「アイキララ」。

 

「目元の悩みがなくなった」「コンシーラーを厚塗りしなくてもよくなった」「クマが消えた」と高評価ですが、中には「効果がなかった」という人もいます。

 

この効果がなかった、という原因は、「クマの種類」にあったのです。

 

目のクマは基本的に3つの種類に分けられ、それぞれの特徴とクマができる原因には違いがあります。

 

1.青いクマ・・・体調や睡眠不足によって出たり出なかったりと、クマの状態が変化する。
主に目の下の血行不良が原因といわれる。
また目元の皮膚は大変薄いため、皮膚の下の血管が浮き出て青く見えることもある。

 

2.黒いクマ・・・目の下に影ができ、黒く見えるようになる。
実際には皮膚の色は変わっておらず、目の下の色が変わったように見えるだけ。
主に加齢や目元の筋力低下が原因といわれる。

 

3.茶色クマ・・・主に皮膚の色素沈着でできる。
目のこすりすぎや、日焼けなどの紫外線ダメージが原因。
またメイクを落とし切れていない場合にもなることがある。

 

簡単に3種類のクマの原因を述べましたが、これを踏まえたうえで「アイキララ」の特徴はというと、「目の下の皮膚やせによるクマを根本から解消する」ということです。

 

目の下の皮膚やせによってできるクマは、1の青いクマ、2の黒いクマにあてはまります。
皮膚やせを解消する「アイキララ」は青いクマ、黒いクマに効果がある商品と言えるでしょう。

 

ではどのような効果をもたらすのかというと、「アイキララ」にはMGAというビタミンC誘導体の一種でコラーゲンを肌内部に留める成分が配合されており、肌のハリと潤いを与えることができます。
そうして与えられたハリと潤いで肌が満たされ、肌本来のリズムが整い、内側から新しい肌が作られて、肌が生まれ変わっていきます。
この皮膚の生まれ変わり=ターンオーバー期間を経て、皮膚やせが解消されていくのです。

 

このターンオーバーには周期があり、だいたい28日で皮膚が生まれ変わるといいますが、実はこの日数は「20代」の人の場合なので、年代が上がるにつれて必要日数が増えていきます。
また、自身の体調に影響を受けるので、ただ日数が過ぎたからといって肌が生まれ変わるというわけでもありません。
人によっては1度目ではなく2度目のターンオーバー時に使用効果を感じる場合もあります。
2度目のターンオーバーを迎える頃には使用開始から2ヶ月ほど経過していることになります。
美容商品でよく「最低3ヶ月は試して様子を見ましょう」という言葉も納得です。

 

ターンオーバー期間は人それぞれ、「青クマ、黒クマなのに効かない!」
という方は、使用期間を延ばして、もう一度効果を確認してみるといいかもしれません。

 

3の茶色クマは皮膚やせではなく色素沈着が原因なので、ハリと潤いを与える「アイキララ」では効果が薄く、この場合は美白効果の成分に特化した商品のほうが有効といえます。

 

ご自分のクマの種類、使用期間をもう一度見直してみましょう。

 

 

 

関連ページ

アイキララのお得な楽天購入の仕方
アイキララは楽天で購入できるのか?アイキララを楽天で購入するためにお得な情報を知っておきましょう
アイキララってどうなの?気になる口コミ評価を確認しよう!!
アイキララってどうなの?気になる口コミ評価を確認しましょう!アイキララを使用した人の口コミをまとめました
『アイキララ』を店舗でお得に購入できる?そんな方法あるの?
アイキララを店舗で購入したいんだけど、そもそもアイキララは店舗で買えるの?そんな疑問を解決します。
アイキララはドラッグストアでは購入可能?どこで買うのがいいのでしょうか
アイキララはドラッグストアでは買えるのか?答えは・・・?アイキララをドラッグストアで探している人が損しないための方法とは
アイキララは大手の店で市販されているのか?
アイキララを買いたい!どこで市販されているの?大手のお店ならアイキララは市販されている??でもちょっと待って下さい!実は一番お安く購入できるお店があるのです。